三菱東京UFJ銀行の詳細と返済

カードローン返済マニュアル〜比較と選び方〜
こちらではバンクイックという名称で知られる三菱東京UFJ銀行のカードローンについて詳細を掲載しています。
三菱東京UFJ銀行の詳細と返済

バンクイックの特徴

三菱東京UFJ銀行ロゴ

日本の三大メガバンクの中でも、最大の総資産額を誇るのが、三菱UFJフィナンシャル・グループ。その三菱UFJフィナンシャル・グループ傘下の都市銀行である三菱東京UFJ銀行が取り扱うカードローンが、バンクイックです。

バンクイックの魅力は「メガバンクカードローンならではの信頼性の高さ」というのももちろんありますが、対応が意外なほどにスピーディー、というのも見逃せないポイントです。

「ネット申込みなら審査結果を最短30分で出してくれる」というだけではありません。特に急いでいる人のために、主要店舗にはテレビ窓口を設置しており、これを利用すれば、なんと申込みから最短40分で、カードローン利用ができるようになるのです。

このように「メガバンクなのに小回りがきく」というのは、カードローンを取り扱う業者として大きな利点だと言えるでしょう。

金利、限度額、無利息期間などの情報

三菱東京UFJ銀行カードローン特徴

三菱東京UFJ銀行のカードローン・バンクイックは、銀行系カードローンだからこその低金利が魅力。適用される金利は4.6〜14.6%で、融資限度額によって段階的に金利が決定されます。

たとえば、50万円以下の限度額なら適用金利は14.6%、50万円超100万円以下なら12.6%。そして、バンクイックの最大融資限度額である500万円なら、4.6%の金利が適用されます。

注目すべきは「50万円超100万円以下の枠でも、一段階低い金利になっている」という点ですね。

実は、他社カードローンでは「100万円までの枠に最高金利を適用している」というケースが多いんですよ。バンクイックの50万円超100万円以下の枠は、そうした他社カードローンと比べて、かなりお得になるわけです。

大手消費者金融系カードローンのように無利息期間はありませんが、金利面での有利さでそれをじゅうぶんにカバーできている、良質なカードローンだと言えるでしょう。

三菱東京UFJ銀行の返済情報

三菱東京UFJ銀行返済情報

三菱東京UFJ銀行のカードローン・バンクイックの返済方式は残高スライドリボルビング方式。しかも、この残高スライドは、他社カードローンに比べると、段階分けがとても細かいです。

たとえば利用限度額が200万円以下の人の場合、カードローン残高が10万円以下なら、毎月の最少返済額は2,000円。そして、残高が10万円増えるごとに、最少返済額が2,000円ずつアップする、という形になります。

そして利用限度額が200万円超の人の場合、残高10万円以下なら、毎月の最少返済額はたったの1,000円。残高が10万円増えるごとに、最少返済額が1,000円ずつアップします。

「10万円きざみ」という段階分けの細かさも、最少返済額の少なさもすごいですね。次に、返済手段と返済日についてですが、バンクイックの返済手段は、自動引き落とし(口座振替)とATM返済とが挙げられます。

自動引き落としの場合は「毎月〇日」という形で、好きな返済日を指定することができますし、ATM返済の場合はそれに加えて「35日ごと」という返済サイクルを選ぶこともできますよ。