元利定率リボルビング方式

カードローン返済マニュアル〜比較と選び方〜
こちらのページでは、カードローンの返済方式のひとつである元利定率リボルビングについて掲載しています。
元利定率リボルビング方式

元利定率リボルビング方式とは?

元利定率リボルビング方式

カードローンの返済方式というのは、大きく分けると「元利定率リボルビング方式」と、「残高スライドリボルビング方式」の2種類があります。元利定率リボルビング方式というのはどういうものかというと、「カードローンの利用限度額におうじて、毎月の返済額が決められている」というものです。

たとえば、ろうきんカードローン「マイプラン」の場合、「利用限度額30万円以内なら、毎月返済額は5,000円」と決められています。この範囲の中なら、たとえ30万円めいっぱいの借入残高があろうと、1万円しか借入残高がなかろうと、毎月返済額は5,000円で変化なし、という形になります。

元利定率リボルビング方式の最大のメリットは、「融資限度額さえ変更しなければ返済金額はずっと一定なので、返済計画が立てやすい」ということ。「完済するまで、毎月これだけの金額を返済に回せば、確実に返していくことができる」というのが分かりやすいのです。

逆に、デメリットとして挙げられるのは、「融資限度額の範囲内であれば、いくら借りようと返済額が変化しないため、ついつい限度額いっぱいまで借りてしまおうと考えてしまうケースが多い」という点です。

たとえば、ろうきんカードローンマイプランの場合、「10万円借りようと、30万円借りようと、どっちも毎月5,000円の返済で済むのなら、30万円借りちゃったほうがいいや」と考えてしまう人も少なくない、というわけですね。

また「返済を毎月がんばって残高を減らしても、完済するまでずっと返済金は一定なので、毎月の返済が楽にならないのがつらい」という声が出やすいのも、この元利定率リボルビング返済方式の特徴と言えます。

元利定率リボルビング方式メリットデメリット

定率リボルビングのカードローン

定率リボルビング制のカードローン達

定率リボルビングの返済方式を取り入れているおもなカードローンとしては、以下のようなところが挙げられます。
  • ろうきんマイプラン
  • レイクカードローン
  • セゾンマネーカード
  • アコムカードローン
上記に挙げた以外で、定率リボルビング方式を採用しているところとしては楽天スーパーローンも有名ですが、実は、楽天スーパーローンは、残高スライドリボルビング方式がメインの返済方式となっています。現在のところ、新規利用の人が定率リボルビング返済を選ぶことはできないため、あえて上記のリストからは外しました。

また、レイクは返済方式が選択できるようになっており、定率リボルビング方式だけでなく、残高スライドリボルビング方式を選ぶことも可能ですよ。