残高スライドリボルビング方式

カードローン返済マニュアル〜比較と選び方〜
カードローンを借りる際に気になるのが返済方式。こちらでは有名な返済方式の一つである残高スライド方式について紹介しています。
残高スライドリボルビング方式

残高スライドリボルビング方式とは?

残高スライドリボルビング方式

カードローンの返済方式は、「元利定率リボルビング方式」と、「残高スライドリボルビング方式」の2種類が、おもな返済方式として挙げられます。そして、この中で残高スライドリボルビング方式というのは、「カードローンの利用残高の変化におうじて返済額が段階的に変化する」というものです。

どういう方式なのか、楽天銀行のカードローンである「スーパーローン」を例にしてご説明しましょう。楽天銀行スーパーローンの毎月の返済額は、以下のようになっています。

  • 利用残高10万円以内なら3,000円。
  • 利用残高10万円超〜30万円以内なら5,000円。
  • 利用残高30万円超〜50万円以内10,000円。


つまり・・・融資限度額が同じ50万円であっても、利用残高が40万円の人と、30万円の人とでは月返済額に違いが出てくるわけです。40万円借りている人は月10,000円が必要で、30万円借りている人は月5,000円でOK、ということですね。

残高スライドリボルビング方式は「カードローンの利用残高が減れば、段階的に月返済額も減っていく」ということで、返済が進めば進むほど、毎月の負担も楽になるというメリットがあります。

ただし、利用残高が少なくなると、月返済額もとても少なくなるため「月返済額を返しているだけでは、完済まで時間がかかってしまいやすい」というデメリットもあります。

また、「これまで順調に返して融資残高を減らしてきたが、急なお金が必要になったため10万ほどまた借りた。しかし、それで借入残高が増えたとたんに返済金額も上がってしまったので苦しくなった」という状況におちいりやすいのも、残高スライドリボルビング方式の注意点と言えるでしょう。

残高スライドリボルビング方式メリットデメリット

スライドリボルビングのカードローン

スライドリボルビングのカードローン

スライドリボルビング方式を取り入れているおもなカードローンとしては、以下のようなところが挙げられます。

  • 三井住友銀行カードローン
  • 楽天スーパーローン
  • みずほ銀行カードローン
  • レイクカードローン
  • 三菱東京UFJ銀行バンクイック


・・・こうして見てみると、スライドリボルビング方式は、「メガバンクが好んで採用している返済方式である」ということが分かりますね。日本の3大メガバンクすべてが、このスライドリボルビング方式を採用しています。

ひと昔前は、「融資限度額の範囲内なら、どれだけ借りても返済額は一定」という元利定率リボルビング方式のカードローンがほとんどだったのですが、これからはスライドリボルビング方式がどんどん主流となっていくかもしれません。