プロミスカードローンの詳細と返済

カードローン返済マニュアル〜比較と選び方〜
当ページでは三井住友銀行グループのカードローン会社、プロミスのローン内容と返済情報について掲載しています。
プロミスカードローンの詳細と返済

プロミスの特徴

プロミスロゴ

プロミスは、三井住友銀行グループの消費者金融業者。「消費者金融のカードローンは何となく怖いイメージがある」と思う人もいるでしょうが、大手銀行のグループに属しているプロミスなら、そんな心配は不要です。

プロミスは、大手銀行グループならではの信頼感・安心感があり、さらに消費者金融系の強みである対応の早さと小回りの良さも持っています。総合的に見て、かなりバランスのいいカードローン業者だと言っていいでしょう。

金利、限度額、無利息期間などの情報

プロミスが取り扱うカードローン・フリーキャッシングは、最大融資限度額が500万円で、気になる金利は、4.5〜17.8%となっています。

金利を見てみると、上限金利を18.0%としている消費者金融系カードローンが多いことを考えれば、「少しお得」と言えるかもしれません。ただし、銀行系カードローンほどの低金利ではありませんね。

ではプロミスよりも銀行系カードローンを選ぶべきなのか、というと、そうとは限りません。なぜならプロミスには、「初回限定の無利息サービス」という強みがあるからです。

プロミスを初めて利用し、かつ「メールアドレスを登録し、利用明細はWeb明細を利用する」という形で申込むと、カードローン初回利用日の翌日から30日間、無利息のサービスが受けられますよ。

このプロミスの無利息サービス最大のメリットは「無利息期間が、契約日の翌日からではなく、カードローン利用日の翌日から始まる」ということです。これに対して他社カードローンの無利息サービスの多くは「契約日の翌日から一定期間無利息」となっているので、実際の借入れが遅くなればなるほど無利息期間が減ってしまうというデメリットがあるのです。この違いは大きいですね。

プロミスカードローン特徴

プロミスの返済情報

プロミス返済情報

プロミスのカードローン・フリーキャッシングの返済方式は、残高スライド元利定額返済方式。最終借入れ後の残高によって、返済額が変動するという方式です。返済額は、以下のルールで設定されます。

  • 借入れ額30万円以下の場合、残高×3.61%
  • 借入れ額30万円超100万円以下の場合、残高×2.53%
  • 借入れ額100万円超の場合、残高×1.99%
(いずれも、1,000円未満は切り上げ) たとえば40万円の借入れをした場合の返済額計算は、「400,000×2.53%=10,120→1,000円未満を切り上げて12,000円」という形になります。)

フリーキャッシングの返済日は、三井住友銀行またはジャパンネット銀行の口座で自動引き落とし(口座振替)を設定すれば、毎月5日・15日・25日・末日の中から好きな返済日を選ぶことができます。

三井住友銀行・ジャパンネット銀行以外の金融機関口座でも口座引き落としをすることは可能ですが、この場合、返済日は毎月5日に限定されますので注意しましょう。

自動引き落とし以外に使える返済手段としては、インターネット返済・ATM返済・プロミス店頭での返済・振り込み返済などといった手段もありますよ。