三井住友銀行カードローンの詳細と返済

カードローン返済マニュアル〜比較と選び方〜
無利息期間の情報や返済の情報をメインに三井住友銀行のカードローンのスペックを紹介しています。
三井住友銀行カードローンの詳細と返済

三井住友銀行カードローンの特徴

三井住友銀行ロゴ

三井住友銀行カードローンの大きな特徴として挙げられるのは「銀行系カードローンなのに、対応がかなり早い」ということです。

審査は最短30分でスピーディーにおこなってくれますし、インターネットバンキング(SMBCダイレクト)やローン契約機(ACM)などを使えば、即日で融資を受けることも可能です。消費者金融系カードローンに負けないレベルの早さ、と言えるでしょう。

「早く貸してほしいけど、金利面で不利になる消費者金融系は嫌だ」という人にとって、良い選択肢のひとつです。

金利、限度額、無利息期間などの情報

三井住友銀行カードローン特徴

三井住友銀行カードローンの金利は4.0〜14.5%という低金利設定になっていますので、かなり有利です。大手消費者金融カードローンのような「〇日間無利息」のサービスはありませんが、消費者金融系よりもずっと金利が低いので、「長い目で見れば結局はお得」と言えるでしょう。

さらに、カードローン申込み時に、三井住友銀行の住宅ローンを利用中の人は、金利優遇を受けられる可能性があります。ただし、「利用中の住宅ローンの返済が延滞している」というような状況では金利優遇を受けられる可能性がなくなってしまいますので、注意しましょう。

また、融資限度額は最大800万円というビッグさで、さらに「融資限度額300万円までの申込みであれば、原則として収入証明書類は不要」という太っ腹さも見逃せません。数あるカードローンの中でも、これほど大きい枠を、収入証明書類不要にしてくれるところは、他にはなかなかないでしょう。

三井住友銀行の返済情報

三井住友銀行返済情報

三井住友銀行カードローンの返済方式は、残高スライドリボルビング方式。「カードローン利用残高が50万円までなら月10,000円の返済、利用残高が50万円超100万円以内なら月15,000円の返済」という形で、利用残高が50万円単位で変化するごとに、月返済額が5,000円単位で変化します。

返済方法としては、自動引き落とし(口座振替)、ATM入金、振り込み入金の3種類が挙げられます。この中では、口座振替による自動引き落としがもっとも便利でおすすめなのですが、三井住友銀行カードローンの場合は「三井住友銀行口座からしか、引き落としできない」という条件がありますので注意しましょう。

また、振り込み入金については、今のところ手数料無料のインターネット返済ではなく、「振込手数料が自己負担となる、一般的な振り込み」という形式になっているので、あまりおすすめできません。

あと、返済日については、毎月5日・15日・25日・月末の4つの中から好きな日を選択できます。これだけの選択肢があるのは、銀行カードローンとしてはなかなか柔軟性があるほうだと言えるでしょう。