レイクカードローンの詳細と返済

カードローン返済マニュアル〜比較と選び方〜
こちらでは消費者金融系カードローンのレイクの詳細と返済の情報について紹介しています。
レイクカードローンの詳細と返済

レイクの特徴

レイクロゴ

「レイクと言えば、消費者金融だ」というイメージを持っている人は、今も多いのではないでしょうか。しかし、実は、今のレイクは消費者金融ではありません。今のレイクは、銀行系カードローンとなっているんですよ。新生銀行が取り扱うカードローンの名称が、「レイク」なのです。

「かつては消費者金融系、今は銀行系」という歴史を持つレイクだからこそ、消費者金融系カードローンのようなスピーディーさとサービスの充実性があり、しかも銀行系なので総量規制の影響を受けずにすむという、「いいとこ取り」ができているのが、大きな特徴です。

金利、限度額、無利息期間などの情報

レイクカードローン特徴

新生銀行のカードローン・レイクの融資限度額は、500万円という、なかなか大きな枠となっています。

そして、気になる金利は4.5〜18.0%。下限金利は「さすが銀行系カードローン」と言える低金利ですが、上限金利については、消費者金融系カードローンと比べても、ごく普通の水準と言えるでしょう。

というわけで、上限金利的にはあまり「うまみ」のないレイクですが、そのかわり、無利息期間サービスがある、という大きな強みを持っています。

レイクの無利息期間は、選べる2つのタイプ。まずひとつは、「借入れ額のうち5万円分だけを、180日間無利息にする」というタイプ。こちらは、契約額200万円までの人のみが選択できます。

そしてもうひとつの無利息サービスは、「借入れ額の全額を30日間無利息にする」というタイプ。こちらは、契約額にかかわらず、すべての人が選べるタイプです。いずれの無利息特典も、カードローン初回申込み者限定のサービスで、契約日の翌日から、無利息期間がスタートします。

「契約日に借入れをしないと、無利息期間の恩恵を最大限に受けることはできない」というデメリットはあるものの、無利息サービスが2種類から選べるというカードローンは、他にはめったに見当りません。このように特化したサービスがあるのは、やはりありがたいですね。

「自分のケースだと、どちらのタイプを選んだほうが得になるか」というのは、レイク公式サイト上の「どっちがおトク?シミュレーション」で簡単に調べることができますよ。

レイクの返済情報

レイク返済情報

レイクは「他社カードローンに比べて、返済の選択肢が幅広い」という特徴もあります。どういうことかというと・・・レイクは、「返済方式も、返済日も、返済手段も自分で選べる」というスタイルなんですよ。

まず、返済方式についてですが、元利定率リボルビング方式または残高スライドリボルビング方式、どちらか好きなほうを選択可能。 さらに返済日も、「私は毎月〇日返済にする」と、自分で自由に決めることができるのです。

そして、返済手段は自動引き落とし(口座振替)・ATM返済・インターネット返済・銀行振り込みによる返済などが利用できます。

約定返済の手段は、やはり自動引き落としがもっとも好ましいですが、それ以外の返済手段を使っても「返済日当日の14日前から、約定返済が可能」となっていますので便利ですよ。ここまで選択肢が豊富な銀行系カードローンというのは、他にはなかなかないでしょう。