カードローン返済の基本知識

カードローン返済マニュアル〜比較と選び方〜
こちらでは、返済でお困りの方に向けてカードローンの返済についての基本知識を紹介しています。
カードローン返済の基本知識

返済までの流れ

借りたお金は利息もつけて返済

カードローンに対して「申込んで、審査をしてもらって、そして審査が通って融資が実行されればOK」という考え方をしている人も少なくありません。しかし、その考え方には、実は大きな間違いがあります。

なぜなら、カードローンというのは、審査と融資実行だけで終わるものではないからです。・・・そう、カードローンの利用においては、「融資してもらったお金は、利息をつけて返済しなければいけない」という大きな義務が必ずついてくるんですよ。

返済を見据えてカードローンを選ぼう

返済が滞ると自己破産や最悪ブラックリスト入りも

というわけで、カードローンを申込み、利用する際には「借りられればOK!」というだけでなく、借りたあとの返済は本当にできるのか、という点も事前に見据えておく必要があります。

もし、返済が出来なかったら、「自分の個人信用情報に、『延滞した』という情報がついてしまう」という状況になります。そしてさらに延滞がひどくなれば、最後の最後は「自己破産」という、最低最悪のブラックリスト入りを果たしてしまう可能性も出てきますよ。

返済するにあたって

返済するにあたり

カードローンの返済にあたって、もっとも理解しておかなければいけないことは、「今の毎月の収支から、月々の返済金をきちんと出せるかどうか」という点をしっかりと事前にチェックしておく、ということです。

そもそもカードローンというのは、基本的に「急な出費などがあった際に、一時的にお金を用立てしてもらう」というためにあるものです。 「今月はたまたま〇〇があったからお金が足りずに借りてしまったけれど、普段の月は、多少はお金が残るくらいの余裕はある」という状況であることが大前提なんですよ。

「常に毎月の収支がカツカツで、まったく余裕がない」という状態の人がカードローンを借りてしまうのは絶対にアウト。これをやってしまうと、返済金を捻出するためにまた別のカードローンを借りる、という、いわゆる「自転車操業」になりかねません。

返済できない場合

返済するにあたり

カードローンの返済金をどうしても約定日に返せない!という場合は、まずは延滞する前に、カードローン業者に「こういう理由で、〇日ほど遅れてしまいそうです」など、理由をきちんと伝えて、正直に話しましょう。そうすれば、カードローン業者側も相談にのってくれるケースも少なくありません。

もうかなり延滞してしまっている、今後もどうしても今の状況では返せそうにない、という人は、弁護士に相談してみるがおすすめです。そうすれば、状況に応じて任意整理や自己破産など、「延滞という最悪の状況の中でも、できる限りの適切な対応を」と考えてくれるでしょう。