返済方法の種類

カードローン返済マニュアル〜比較と選び方〜
こちらのページでは、借りたカードローンを返済する際にどんな手段で返済が可能かを紹介しています。毎月の作業になるので、返済方法が手軽なものを選ぶのがベストです。
返済方法の種類

自動引き落とし(口座振替)

自動引き落とし返済

カードローンの返済方法で、もっとも主流となっているのが、口座振替による自動引き落としです。

口座振替による自動引き落としが主流になっている理由は、何といっても「利便性が高い」という点ですね。引き落とし用の口座に、返済金分の残高を残しておけば、あとは返済日に自動的に引き落とされるので、返済の手間がかからないのです。

たとえ本人がカードローン返済日を忘れていようと、口座に必要な残高さえあれば何の問題も起こらない、というのが最大のメリットと言えるでしょう。

ATMで返済

ATM返済

自動引き落としに次いでよく利用されているのが、カードを使ってのATM返済ですね。カードローン業者のATMだけでなく、コンビニなどの提携ATMも使えるケースが多く、これも利便性が高い手段と言えます。

ただし、ATMだけに頼った返済は「約定日を忘れてしまった」「都合が悪くてここしばらくATMに行けなかった」などという事態が起こると、延滞を発生させてしまいやすいリスクがあるので注意しましょう。

あと、ATM利用と言えば、随時(臨時)返済の手段としても便利です。余裕資金とカードをATMに持って行けば、すぐ簡単にカードローンの随時返済がおこなえますよ。

インターネットで返済

インターネット返済

「カードローンはネット申込みが標準スタイル」となった近年では、インターネット返済というのも、かなり身近な方法になっています。これは、カードローン業者が指定する金融機関とネットバンキング契約をしておき、「ネットバンキング契約をした口座から、カードローン返済金を振り込む」というタイプの方法。

これだけ見ると「普通の振り込みとどう違うの」と思われるかもしれませんが、カードローン業者の指定を守ったネットバンキング利用の返済は、振込手数料がかからないケースが多いのです。

一般的な振り込みだとかなりの手数料を取られてしまいますが、この手数料がかからない、という点が断然お得だ、というわけですね。

どれがおすすめなの?

おすすめはどれ?

さて、これまでに挙げてきた、カードローンのさまざまな返済方法の中で、どれがおすすめなのかというと・・・
基本的にはやはり、手間もかからず、自動的に引き落としがされる「口座振替による自動引き落とし」が一番おすすめです。

実際、貸す側であるカードローン業者は、この方法をもっとも好む傾向が強いです。業者側の統計で見ても、自動引き落としがもっとも延滞リスクが低いということなのでしょう。

ですから自動引き落としを返済方法のメインとして、「余裕があればカードやネットで随時お金を入れる」という形にするのが理想的ですね。