カードローン返済マニュアル〜比較と選び方〜

カードローン返済マニュアル〜比較と選び方〜
当ウェブサイトでは、カードローンでお金を借りたあとの返済を見据えたカード選びとおすすめの商品を紹介しています。
カードローン返済の基本知識

借りた後の返済を見据えたカード選びならココ!

返済をしっかり見据えた利用が必要

いざカードローンを借りたときに、その後に待っている最大の義務が「返済」です。

「ご利用は計画的に」というフレーズを耳にしたことがある方もいらっしゃるかと思いますが、その通り、計画的に返済しないといつまでも借金を返せないどころか、余計なお金を払うことになってしまいます。

返済を見据えてお金を借りないと後々痛い目を見るのは自分です。

カードローンをまだ借りたことのない方の中には、きちんと返済できるだろうかと不安になっている方も多くいらっしゃることと思います。

当サイトでは、返済を見据えたカード選びの手引きをしていますので、ぜひ参考にしてみてください。ここでは、銀行系カードローンと消費者金融系カードローンを中心に紹介しておりますが、その他クレジットカード系のカードローンも今後紹介していきたいと思います。

中でもおすすめなのがJCBカードローンの「JCB CARD LOAN FAITH」。日本最大のクレジットカード会社にして日本唯一のクレジットカード国際ブランドのカード会社が提供しているカードローンです。

当サイトでもまた詳細情報を紹介していきたいと思います。


さて返済の話ですが、すでにローンを返済し始めている方の中には、「余裕で返せるな」と思っている方もいらっしゃるでしょう。しかし、月々の返済額をよく考えないと、急なトラブルなどですぐ返せなくなってしまう恐れが大いにありますので気を付けなくてはいけません。

サイト上では気を付けるべき返済のシステムについても掲載しているので、返済が余裕だと思っている方も一度目を通してみてくださいね。また、悪気はなくてもついうっかり返済を忘れてしまうこともあります。

月々の返済を振込などにしておくと、返済の際についうっかりが起こる可能性が高まるので常に返済日は意識しておく必要があります。

一度や二度のうっかりは見逃してもらえることも多いようですが、何度も忘れてしまうと自分の信用情報に傷がつき、後にクレジットカードの審査に通らなかったり、再びローンを組む際に審査が下りない可能性もあるので要注意。それ以前に、通常の貸出金より高い遅延損害金というものを請求されかねないので、気を付けなくてはいけません。このように、「ただ月々決まった金額を返済していけばいい」カードローンですが、返済が滞ると様々な落とし穴があります。

そのため、カードローンは選ぶときから返済を意識しておくのが大切と言えますね。当ホームページでは失敗しないカードローン選びのためには「返済」を視野に入れるべきという管理人の理念のもと、カードローンの「返済」にまつわる必須知識を紹介しています。

返済方式や返済方法など、どれが自分にとってお得か、どれが自分に合っているかの判断材料にお役立てください。さらに、返済ができなくなってしまいそうな方や、返済ができなくなった方のために、どうすればいいかというコンテンツも掲載しておりますので、返済に困った方もぜひ、当ページを参考にしてください。

以下に返済情報を載せたおすすめ比較ランキングを紹介しますので、まずはご覧になってみてくださいね。


みずほ銀行カードローン アコムカードローン セゾンマネーカードローン
カード券面 画像:みずほ銀行カードローン 画像:アコムカードローン 画像:セゾンマネーカードローン
金利 4.0%〜14.0% 4.7%〜18.0% 15.00%
限度額 1000万円 500万円 100万円
返済方式 残高スライドリボ 元利定率リボ 元利定率リボ
返済手段 引き落とし 引き落とし・ATM・振込・ネット・店頭 引き落とし・ATM・振込

1.みずほ銀行カードローン

銀行系カードローンとして、信頼も人気も高いみずほ銀行カードローンですが、金利の低さと限度額の高さが魅力になっています。

その分審査が厳しいのがこのみずほ銀行カードローン。返済の観点から言うと、約定返済の場合、銀行口座からの引き落とししかないので、きちんと返済額の引き落とし日に口座にお金を入れておく必要があります。

また、返済方式は銀行系カードローンに多い残高スライドリボルビング方式。そのときの残高に応じて月々の返済額が変わるものが採用されています。

ネット上の口コミでは、「残高スライドリボルビングだと、返済額がどんどん減っていくので返済している実感があり、いい。」といった口コミも見受けられましたので、返済の実感が欲しい方は残高スライドがおすすめです。

2.アコムカードローン

もう日本人で知らない人はいないであろうアコムのカードローン。審査の甘さと審査スピードが多くの人に愛されている理由です。

さて、アコムを返済の面から見てみると、返済手段は引き落とし、ATM、振り込み、インターネット、アコムの店舗と、様々な手段に対応しているので、自分に合わせた返済ができるのが特徴。返済は毎月の義務ですから、自分が最も支払いをしやすいものにできるのはかなりありがたい点です。

また、返済方式は元利定率リボルビング方式で、返済金は毎月一定になっています。

銀行系や信販系に比べれば金利こそ高めですが、返済のしやすさと、審査の通りやすさなどを加味するとかなり使いやすいカードローンであると言えます。

3.セゾンマネーカードローン

こちらはクレジットカード発行会社としても有名なクレディセゾンの提供するカードローンです。

他のカードローンと異なる点は限度額が100万円と少なく、金利が15.0%で固定になっているところです。

少額を短期間できっちり返したい方に向いているカードローンですね。気になる返済面は、返済手段が引き落とし、ATM、振り込みに対応。インターネットには対応していませんが、返済手段が複数あるのは魅力です。

また、返済方式は元利定率リボルビング。返済が終わるまで一定の金額を返済していく仕組みですので返済計画が立てやすいカードローンなのがおすすめポイントになっています。